女子的生活 第3回 あらすじ

仕事のトラブルで故郷・香住に戻ることになった、みき(志尊淳)。トラブルは解消するも、その相手の家族関係に、かつての自分を重ね合わせ、ブルーになる、みき。一方、みきが家族にカミングアウトしていないことをかおり(玉井詩織)から聞かされた後藤(町田啓太)は、みきのことを心配する。みきは、自己嫌悪に陥った気持ちを吹っ切るように神戸へ戻ろうとする。そんな時、後藤(町田啓太)が香住に現れる。「心配で」という後藤に、みきはなんかほっこりするも、みきの父・富生(本田博太郎)と偶然、出会ってしまう。そして、みきは初めて「女性」の姿で家族と話すことになり・・・。

女性の姿になった息子を、優しく気遣う父親。そこにみきの兄が現れ、後藤をみきの彼氏と勘違いし、殴ってしまう。

みきの兄は、みきを罵倒しつづける。みきを否定しようとしたとき、みきは兄をぶんなぐる。逆上した兄は、みきになぐりかかるが、父がとめる。

父はただ、みきが幸せなのかと聞く。

みきは幸せだとうなずく。

家族との距離の取り方を考えるみき。

互いのわだかまりがとけ、みきと後藤は神戸に帰る。

神戸の部屋に兄から大量のカニが届く。

みきへの罵倒は、愛情の裏返しだったのか・・

女子的生活 第3回 感想

家族について考えさせられる第3回。

ちゃんとカミングアウトしていないみきにとって、地元に帰ることはかなり勇気のいること。

「ただぼんやりと関係を薄めたまま、お互いに暮らすことを選んだ。それが一番平和的解決だったから」

みきがあんなにたくましくなったのは、あの兄がいたからだと納得しました。

大人になると、言葉に隠れた優しさとか理解できるけど、十代の多感な時にあの兄の言葉は暴力でしかないですね。

私は単純な人間なので、あんな言葉づかいをする人間を軽蔑して仕方ないですけど。

ただ最後のカニにはほっこりしました。

あんなに自己中な発言をしてみきを傷つけたのに、心は逆なのね。身内って、複雑・・・

女子的生活 第4回 あらすじ

突然、家を出ていく後藤(町田啓太)。久しぶりの「女子的生活」を満喫するみき(志尊淳)だったが、どこか寂し気。そんな中、仕事関係でセレブ合コンに借り出されることになった、みきとかおり(玉井詩織)だったが、そこでマナミ(土村芳)という天然セレブと出会う。マナミはみきのことを気に入るが、みきはマナミの女性としての天真爛漫さに気おされてしまう。そんなことを気にしないマナミは、みきの家に押しかけてくる。そんな時、後藤(町田啓太)も戻ってくる。そこにマナミの婚約者ケンイチ(山口翔悟)も現れて、事態は大混乱に・・・。みきに「君のような人間はマナミに関わらないでくれ」と言うケンイチ。そのことにキレた後藤はケンイチに食ってかかる。その様子を見ていた、みきが突然、部屋を飛び出して行き・・・。

みきは水族館に向かった。魚をみていると、後藤が現れる。

みきが部屋を去ったあと、後藤とケンイチが殴り合いの喧嘩をし、マナミがケンイチを殴ったとのことでした。

後藤がみきに、誕生日プレゼントである餡ドーナッツを渡すと、周りのイルミネーションが点灯した。

みきの気分は一気にあがる。

数日後、みきはさつきりんに髪をカットしてもらう。

素敵な服装で、街を歩くみき。その美しさに男達は振り返る。

みきの女性的生活はつづく。

女子的生活 第4回 感想

最終回。マナミという強烈なお嬢様が出現しましたね。

KYなタイプかと思いきや、ホントいい娘で友達になりたい(笑)

後藤のみきへの思いがわかりましたね。

町田くんにキュンキュンしちゃいました。みきは本当は男で、心は女で、性的趣向は女性が好きで・・・

この2人にハッピーエンドはないのかもしれないけれど(2人とも女が好きだし)、案外一生つかず離れずで仲良くやっていけるんじゃないかと感じました。

素敵な関係・・・

家族という概念が希薄になる今、こうして家族のように思いやれる相手がいるみきは、幸せですよね。3話で父親に自分は幸せと言いきれたのは、本当だと思いました。

自分らしく、自信をもって、りんとして。

この話を見てると、毎回女性として輝きたくなります。せっかく女性にうまれたんだから、女子をしないともったいない!